避妊薬・ED薬について

避妊薬ED(勃起機能の低下)

避妊薬

トリキュラー28(低用量ピル)

トリキュラー28
詳細 三相性ピル(漸増型)28日タイプ ※飲み忘れが少なくてすみます。
成分 レボノルゲストレル・エチニルエストラジオール
用法 1日1錠を一定の時刻に定められた順に従って28日間連続服用する。
以上28日間を一周期とし、休薬なしに29日目から次の周期の服用を開始。以後同様に繰り返す。
   

マーベロン(低用量ピル)

マーベロン28
詳細 一相性ピル 28日タイプ
成分 デソゲストレル・エストラジオール
用法 1日1錠を一定の時刻に定められた順に従って28日間連続服用する。
以上28日間を一周期とし、休薬なしに29日目から次の周期の服用を開始。以後同様に繰り返す。
   

フリウェルLD配合錠(低用量ピル)

フリウェルLD配合錠
詳細 卵胞の発育を抑え排卵を抑える作用により月経時の疼痛を軽減します。通常、月経困難症に用いられます。避妊目的には使用できません。
成分 ノルエチステロン、エチニルエストラジオール(経口避妊剤)
用法 通常、1日1錠を一定の時刻に21日間服用します。その後7日間は服薬しません(休薬期間)。この28日間を1周期とし、出血が終わっているか継続しているかにかかわらず、29日目から新しいシートの錠剤で服用を開始し、以後、同様に繰り返します。必ず指示された服用方法に従ってください。
   

シンフェーズT28(低用量ピル)

シンフェーズT28
詳細 黄体ホルモン作用および卵胞ホルモン作用により、主として排卵を抑え、子宮内膜変化により着床を抑え、頸 管粘膜変化により精子通過を阻害して、避妊効果を発揮します。
通常、避妊に用いられます。
成分 ノルエチステロン、エチニルエストラジオール(経口避妊剤)
用法 通常、28日間を1周期として、毎日ほぼ一定の時刻(たとえば就寝前)に、月経が始まった次の日曜日から、 淡青色の錠剤から指定された順番(はじめに淡青色の錠剤を毎日1錠ずつ7日間、次に白色の錠剤を9日間、次に淡青色の錠剤を5日間、次にだいだい色の錠剤を7日間)に、毎日1錠ずつ28日間服用します。2周期目(1周期開始29日目から)は、月経の有無にかかわらず、1周期目と同様に淡青色の錠剤から服用し始め、同様の方法で、避妊する期間繰り返し服用します。
   

ソフィアA(中用量ピル)

ソフィアA
成分 ノルエチステロン・メストラノール
用法 生理をずらす、出血を止める。
1錠あたりのホルモン量がプラノバールより少ないため、体への負担が少ない。
   

緊急避妊薬( アフターピル)の処方も行っていますのでお気軽にご相談下さい。

ピル使用上の副効果、副作用

避妊情報サイト
あなたが選ぶ避妊スタイル/運営MSD株式会社

当クリニックでは年に1回のピル検査(血液検査、尿検査)を行っております。
注)性感染症(STD)を予防するものではありません。

ED薬

ED(勃起機能の低下)とは
通常、性的刺激によって神経から信号が送られ、海綿体の動脈が開いて血液が流れ込むことで勃起が起こります。しかしいくつかの要因により動脈があまり開かず血液の流れ込みも不十分だと満足な勃起が得られません。このような状態をED(勃起機能の低下)といいます。

EDはあなたの身体・精神・生活習慣と密接に関っており、お酒やタバコ、不規則な食事や睡眠といった身体的要因のほかに、悩みやストレスなど心理的要因も多くみられます。

下記の薬は服用することによって性生活をスムーズに行い、悩みを取り除く助けとなるものです。お気軽に医師にご相談ください。

バイアグラ

バイアグラ
製品名 バイアグラ/内容量50mg
詳細 当クリニックではファイザー社によって開発されたバイアグラを処方しております。安全性においても高い評価を得ている薬品であり、ED治療にもっとも効果があるとされている製品です。医師の指示に従って正しくご使用ください。
   

レビトラ

レビトラ
製品名 レビトラ/内容量10mg・20mg
詳細

バイエル社によって開発されたED治療薬レビトラはバイアグラの服用で効果がみられなかった方にも有効とされています。即効性もあり(服用後30分程)また食事中の服用も有効です。バイアグラ同様、厚生労働省に承認されている医薬品ですので、医師の指示に従って正しくご使用ください。

   

シアリス

シアリス
製品名 シアリス/内容量10mg・20mg
詳細 日本イーライリリー社で開発されたED治療薬です。36時間にわたり有効性が認められていますので、服用後1時間以降、36時間までの性交渉においても治療効果が期待できます。とはいえ、性的刺激を受けなければ勃起は生じないので、36時間ずっと勃起しているわけではありません。バイアグラ・レビトラ同様、厚生労働省に承認されている医薬品ですので医師の指示に従って正しくご使用ください。
   
Page Up
関連リンク 新宿クリニックは、エイズの感染予防と感染者への正しい 理解を広げる「日本エイズストップ基金」を支援しています。 提携クリニック&リンク 提携クリニック&リンク