新着情報

rss

新型コロナウイルス抗体検査価格改定のご案内

7月1日より新型コロナウイルス抗体検査の検査料金を改定します。

【改定料金】
5,500円
初診料も必要御座いません。
検査結果はインターネットにてご確認頂けます。

この検査は新型コロナウイルス抗体(IgM、IgG)を同時に検査し、過去に新型コロナウイルスに感染があったかを調べる簡易検査であり、新型コロナウイルスに感染している事を診断するものではありません。

2020.07.01

コラム 低用量ピルの効能と副作用について知っておこう。

コラム第14弾が予防会ホームページに掲載されました。

今回は「低用量ピルの効能と副作用について知っておこう。」です。
今後も定期的に掲載して参ります、ご期待下さい。

人気のコラム

2020.06.15

健康診断のご案内

感染症と健康診断を同時に検査できます

感染症検査ぷち健診がセットになりました。
新規受診者様にお勧めのセットです。

検査結果はWebで確認でき、ぷち健診の検査結果は総合判定も表示されます。

期間限定のセットになりますので、この機会に是非ご利用下さい。
詳しくは院内掲示、若しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。

2020.06.01

検査結果報告書 仕様変更のお知らせ

5月28日より検査結果報告書の仕様が一部変更となります。

検査結果報告書の変更点
  判定 測定値 】 が 【 結果 基準値 】 となります
下部に記載される受診医院名の表記が変更になります
N¬未縫灰薀燹▲リニックからのご案内が掲載されます

2020.05.27

オンライン診療バナー設置のお知らせ

オンライン診療入口をわかりやすくバナー設置致しました。


オンライン診療受診方法のご案内

2020.05.22

新型コロナウイルス抗体検査開始のご案内

来週月曜日、5月18日より新型コロナウイルス抗体検査を開始します。
この検査は新型コロナウイルス抗体(IgM、IgG)を同時に検査し、過去に新型コロナウイルスに感染があったかを調べる簡易検査であり、新型コロナウイルスに感染している事を診断するものではありません。

【検査料金】
クリニック受診履歴のある方:6,500円
新規受診者の方は別途、初診料1,500円が掛かります。
検査結果はインターネットにてご確認頂けます。


※当クリニックで行なっている検査は、新型コロナウイルスの抗体検査です。抗原検査、PCR検査ではございません。発熱や咳など、症状のある方のご来院はご遠慮ください。


コラム「新型コロナウイルス抗体検査」

2020.05.16

コラム メンズヘルスについて (LOH症候群をご存知ですか?)

コラム第13弾が予防会ホームページに掲載されました。

今回はメンズヘルスについて (LOH症候群をご存知ですか?)

男性の生きがいを追求する男性医学。是非ご覧ください。
今後も定期的に掲載して参ります、ご期待下さい。

人気のコラム

2020.05.15

オンライン診療開始のお知らせ

渋谷クリニック、池袋サテライトクリニック、福岡クリニックで
オンライン診療を開始しました。

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言で、外出を自粛されている方などご利用ください。

詳しくは専用ページをご確認ください。

オンライン診療受診方法のご案内

2020.05.01

ゴールデンウィークの休診について

予防会の各クリニックはゴールデンウィーク中、下記日程で休診となります。

休診日:4月29日、5月3日(日)〜5月6日(水)

その他の日程は、通常通りの診療となります。

新宿クリニック、新宿サテライトクリニック
渋谷クリニック、池袋サテライトクリニック
川崎クリニック、横浜クリニック
福岡クリニック

2020.04.28

春の健康診断セット実施期間延長

4月1日より実施しております「春の健康診断セット」
ご好評により実施期間を延長します。

実施期間 2020年5月30日(土)まで

詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

2020.04.27

公式Twitter開始のお知らせ

公式Twitterを開始しました。
受診者様へご利用頂きやすいよう、情報発信してまいります。
是非ともフォローをお願いいたします。

予防会Twitter公式アカウント https://twitter.com/yoboukai

2020.04.27

マスク着用のお願い及び受付ビニールカーテン設置について

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止の為、ご来院の際には必ずマスクをご着用しご来院ください。
マスクをお持ちでない方はマスクをお渡ししますので、マスクの着用をお願い致します。

また、飛沫感染防止策として、受付にビニールカーテンを設置致しました。
ご利用の皆様にはご不便お掛けしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

2020.04.27

コラム ウレアプラズマ・マイコプラズマ感染症 〜非クラミジア性、非淋菌性の尿道炎〜

コラム第12弾が予防会ホームページに掲載されました。

今回はウレアプラズマ・マイコプラズマ感染症〜非クラミジア性、非淋菌性の尿道炎〜

当院でもウレアプラズマ・マイコプラズマについての相談が増えています。検査を受けたことがある方、これから検査を受けるか迷っている方も是非ご覧ください。

今後も定期的に掲載して参ります、ご期待下さい。

人気のコラム

2020.04.15

診療状況について

新型コロナウイルスの影響により、緊急事態宣言が発出されましたが、

予防会の各クリニックは通常通り診療を行っております。

新宿クリニック、新宿サテライトクリニック
渋谷クリニック、池袋サテライトクリニック
川崎クリニック、横浜クリニック
福岡クリニック

今後の状況により診療時間などの変更がある際には、ホームページにてお知らせ致します。

2020.04.10

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する予防会の基本方針

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する予防会の基本方針


医療法人社団 予防会


新型コロナウイルス(COVID-19)については、国内で感染が拡大しており、厚生労働省などの政府機関やマスコミより、様々な情報が発信されております。これらの情報を踏まえ、予防会では以下の対応を実施しております。

新型コロナウイルス対応における行動指針
◆勤務前にスタッフは必ず検温し、発熱等の風邪の症状が見られるときには、出勤を停止 としています。
◆出勤時及び外出から戻った際は入念な手洗いの実施。
◆定期的に待合室、診察室、採血室及びトイレなどの共用部分(ドアノブ等)の消毒、クリニック内の換気を行っています。消毒に使用する薬剤は消毒用エタノール及び次亜塩素酸ナトリウム(希釈溶液)を使用しております。
◆スタッフは原則マスク着用とし、採血などの対応を行うスタッフはゴム手袋を着用し、必要に応じてゴーグルも着用し対応いたします。


受診者様におかれましては、国の定める行動様式を取っていただき、マナーを守り多くの受診者様が安全に受診頂けるようご協力ください。
ご来院の際には症状のあるなしにかかわらずマスクの着用をお願いします。症状がある場合には受診延期をご検討ください。

【こんな方はご注意ください】
次の症状がある方は、お住いの各市区町村の帰国者・接触者相談センター若しくは下記問合せ先へお問い合わせ下さい。
〇風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならない時を含みます)
〇強いだるさや息苦しさがある。
※高齢者や基礎疾患のある方は、上記状態が2日程度続く場合


新型コロナウィルスに係る厚生労働省電話相談(コールセンター)
9時〜21時(土曜、日曜、祝日を含む)
TEL 0120-565653

東京都 新型コロナウイルス感染症電話相談窓口
9時〜21時(土曜、日曜、祝日を含む)
TEL 0570-550571



皆さまには大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

2020.04.06

春の健康診断セット始めます

春は健康診断の季節!

4月1日より、「春の健康診断セット」として感染症の検査と合わせて「生活習慣病」に「ピロリ菌による胃がんリスク」、鉄分が不足することで起こる「貧血」を検査する事が出来ます。
検査結果はWebで確認する事が出来ます。

詳しくは院内掲示、若しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。

2020.03.31

コラム「性器ヘルペスについて〜性器ヘルペスの治療は、最初が肝心・再発はコントロールできる〜」

毎月ご案内しております渋谷クリニック院長、前出医師監修のコラム第11弾が予防会ホームページに掲載されました。

今回は「性器ヘルペスについて〜性器ヘルペスの治療は、最初が肝心・再発はコントロールできる〜」
前回のヘルペスの診断に続き、今回は「治療」についてのコラムとなります、是非ご覧ください。


今後も定期的に掲載して参ります、ご期待下さい。

人気のコラム

2020.03.13

コラム「性器ヘルペスについて〜2億年前からいるウィルス〜」

毎月ご案内しております渋谷クリニック院長、前出医師監修のコラム第10弾が予防会ホームページに掲載されました。

今回は「性器ヘルペスについて〜2億年前からいるウィルス〜」
ヘルペスの診断から治療までを2回に分けて掲載します。今回は診断についてのコラムとなります、是非ご覧ください。


今後も定期的に掲載して参ります、ご期待下さい。

人気のコラム

2020.02.14

ぷち健診で花粉症・アレルギー検査

花粉症の季節到来!

予防会では感染症の検査と合わせて「アレルギー検査」もお受け頂けます。
39項目を一度に検査できるView39検査や、気になるアレルゲンを1項目から
検査する事が可能。検査結果はWebで確認する事が出来ます。

詳しくはスタッフまでご相談ください。

2020.02.01

コラム「近年治療が進歩した尖圭コンジローマ」

毎月ご案内しております渋谷クリニック院長、前出医師監修のコラム第九弾が予防会ホームページに掲載されました。

今回は「近年治療が進歩した尖圭コンジローマ」です。
最近、クリニックでの相談も増えている尖圭コンジローマ、是非ご覧ください。


今後も定期的に掲載して参ります、ご期待下さい。

人気のコラム

2020.01.15

インフルエンザ予防接種受付けております

インフルエンザ予防接種を受け付けております。
接種費用¥3,200- 予約不要です。

【予防接種受付時間】
平日 (月・火・水・木・金)
受付時間 : 午前 10時30分〜12時45分
       午後 15時00分〜17時30分

受付時間 : 午前 10時30分〜12時45分
       午後 14時30分〜16時15分

詳しくはクリニックまでお問い合わせください。

皆様のご来院お待ちしております。

2020.01.10

新しい検査セット期間延長(1月31日まで)

2019年12月より期間限定で開始した新しい検査セットが
ご好評により実施期間延長となりました(1月31日まで)

感染症検査ぷち健診がセットになりました。
新規受診者様には特にお勧めのセットです。

検査結果はWebで確認でき、ぷち健診の検査結果は総合判定も表示されます。

期間限定(1月31日まで)のセットになりますので、この機会に是非ご利用下さい。
詳しくは院内掲示、若しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。

2019.12.28

コラム「ありふれたウィルス:ヒトパピローマウィルス(HPV)について知っておこう」

毎月ご案内しております渋谷クリニック院長、前出医師監修のコラム第八弾が予防会ホームページに掲載されました。

今回は「ありふれたウィルス:ヒトパピローマウィルス(HPV)について知っておこう」です。
子宮頸がんの発生にも関係のあるヒトパピローマウィルス(HPV)是非ご覧ください。


今後も定期的に掲載して参ります、ご期待下さい。

人気のコラム

2019.12.16

年末年始のお知らせ

年末は12月27日(金)まで通常通り診療致します。

12月28日(土)は午前中、結果の受け渡しのみ行い、午後は休診となります。

【年末年始の休診】
12月29日(日)〜 1月5日(日)

年始は1月6日(月)より通常通り診療致します。

結果報告にお時間のかかる場合もございますので早めのご受診をお勧め致します。
※詳しくはスタッフまでお尋ね下さい。

以下のクリニックも同様の日程となります。
宜しくお願い致します。

新宿クリニック、新宿サテライトクリニック
渋谷クリニック、池袋サテライトクリニック
川崎クリニック、横浜クリニック
福岡クリニック

2019.12.10

HIV感染症・エイズ予防への募金ありがとうございました。

皆様からお預かりいたしました募金は12月1日の世界AIDSデーに合わせ、11月29日に「公益財団法人 エイズ予防財団」へ寄付させていただきました。

寄付金額合計: 110,393円

内訳
渋谷クリニック        :  3,200円
池袋サテライトクリニック   :  2,273円
新宿クリニック        : 80,573円
新宿サテライトクリニック   :  6,102円
川崎クリニック        :  9,486円
横浜クリニック        :  4,318円
福岡クリニック        :  4,441円


たくさんの方々に募金頂きありがとうございました。

予防会では引続き募金活動を行って参ります。
ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

2019.12.04

新しい検査セット始めます

2019年12月より新しい検査セットが始まります(期間限定)

感染症検査ぷち健診がセットになりました。
新規受診者様にお勧めのセットです。

検査結果はWebで確認でき、ぷち健診の検査結果は総合判定も表示されます。

期間限定のセットになりますので、この機会に是非ご利用下さい。
詳しくは院内掲示、若しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。

2019.11.27

コラム クラミジアってなんだ?? 〜ウィルスのような細菌・クラミジアのワクチン開発〜

毎月ご案内しております渋谷クリニック院長、前出医師監修のコラム第七弾が予防会ホームページに掲載されました。

今回は「クラミジアってなんだ?? 〜ウィルスのような細菌・クラミジアのワクチン開発〜」です。
当院でもクラミジアは受診件数の多い検査の一つとなっています、是非ご覧下さい。


今後も定期的に掲載して参ります、ご期待下さい。

人気のコラム

2019.11.15

新サービス開始のお知らせ

新たなサービスとして「ぷち健診」を始めました。
血液検査で分かる健康診断です。


健康診断を受けた事はありますか!?
厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、2016年の健康診断(人間ドックを含む)の受診率は20代の男女が約60%で各年代の中で一番低い受診率となっています。特に30代女性では60%を下回る受診率です。


感染症の検査に追加で受けることができ、肝機能や腎機能のほか、アレルギーや血液で分かるがんの検査など、500円〜の価格で用意致しました。

検査結果はスマートフォンにて確認頂けます。


詳しくは院内掲示や、スタッフに御問合わせください。

2019.11.13

12月7日(土)診療時間変更のお知らせ

まことに勝手ながら 12月7日(土) の診療時間は
16:00までとさせていただきます。

ご迷惑をお掛けしますがご了承の程、よろしくお願いします。

2019.11.11

新機能追加のお知らせ

Web結果画面に新機能が追加されました。
ぷち健康診断項目などの検査結果が、Web結果画面で確認できるようになりました。
結果数値に判定(ABC)が表示され、分かりやすくなっています。

個別判定、総合判定でご自身の健康状態を管理しやすいよう機能を追加していますので
ご自身の健康管理にお役立て下さい。


今後も医療法人社団予防会はお客様へより一層のサービス向上に取り組んでまいりますので、今後ともご愛顧を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

2019.10.18

コラム 自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!

毎月ご案内しております渋谷クリニック院長、前出医師監修のコラム第六弾が予防会ホームページに掲載されました。

今回は「自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!」です。
感染症の検査は受けているけど健康診断は忙しくて受けた事が無い方など、是非ご覧下さい。

予防会では血液で出来る健康診断として「ぷち健診」のサービスを10月よりスタートしました。
今回のコラムを読んで健康管理に興味が出た方はご利用下さい。

今後も定期的に掲載して参ります、ご期待下さい。

人気のコラム

2019.10.15

消費税率引き上げに伴う料金改定のお知らせ

いつもご利用頂き誠に有難うございます。

このたび消費税法改正に伴い、令和元年10月1日より消費税が10%に引き上げられる事が決まっております。

当クリニックでも消費税率の引き上げに伴い、10月1日より検査料金及び、各種サービスにつきまして料金を改定致します。

新料金につきましては、10月1日よりホームページにてご案内致しますので、ご確認頂きますようお願い申し上げます。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

2019.09.24

コラム 避妊効果だけではない低用量ピルの利点

いつも予防会 新宿クリニックをご利用いただき誠に有難う御座います。

毎月ご案内しております予防会 渋谷クリニック院長、前出医師監修のコラム第五弾が予防会ホームページに掲載されました。

今回は「避妊効果だけではない低用量ピルの利点」です。当クリニックでもご相談の多いピルに関して分かりやすく書かれております。是非ご覧下さい。

今後も定期的に掲載して参ります、ご期待下さい。

人気のコラム

2019.09.17

コラム 梅雨〜夏にかけて、あそこがかゆい!!

いつも予防会 新宿クリニックをご利用いただき誠に有難う御座います。

毎月ご案内しております予防会 渋谷クリニック院長、前出医師監修のコラム第四弾が予防会ホームページに掲載されました。

今回は「梅雨〜夏にかけて、あそこがかゆい!!」です。カンジダの検査や治療について分かりやすく書かれており、貴重なカンジダの画像も見る事が出来ます。是非ご覧下さい。

今後も定期的に掲載して参ります、ご期待下さい。


人気のコラム

2019.08.13

お盆期間中の診療日程

いつも予防会 新宿クリニックをご利用頂き有難う御座います。

当院は、お盆期間中(8月13日〜8月17日)も通常通り診療を行っております。

受付時間も変更は御座いません。

皆様のご来院をお待ちしております。

2019.08.05

コラム 実は多い!トリコモナス感染症!

いつも予防会 新宿クリニックをご利用いただき誠に有難う御座います。

毎月ご案内しております予防会 渋谷クリニック院長、前出医師監修のコラム第三弾が予防会ホームページに掲載されました。

今回は「実は多い!トリコモナス感染症!」です。検査や治療について分かりやすく書かれており、貴重なトリコモナスの動画も見る事が出来ます。是非ご覧下さい。

今後も定期的に掲載して参ります、ご期待下さい。

人気のコラム

2019.07.16

5年で急増、日本人を襲う「梅毒」の意外な実態

他の性感染症は減っているのになぜ…?

2015年から梅毒の届け出数が急激な増加傾向にある。2017年には、年間報告数が44年ぶりに5000例を超えたほど。特に、東京都が1788例と圧倒的に多く、次いで大阪府の840例、愛知県の339例という具合に、都市部での報告例が目立っている。性感染症を専門とする獨協医科大学埼玉医療センター泌尿器科医・小堀善友さんはこう説明する。

「実は、いまだに原因は明らかになっていません。急増する外国人観光客によるものではないかという説もありますが、エビデンスがないため、そういった話を根拠なく吹聴することは控えるべきでしょう」

自覚なく進行していく

梅毒をはじめとした性感染症の感染ルートは口腔性交、肛門性交などを含む性行為。粘膜同士が接触することで感染するため、コンドームをつけているから回避できるとは限らない。

「梅毒は初期症状に気づきづらいことも特徴です。感染すると1〜3か月ほどたって、感染部位(主に局部)にしこりを感じるようになるのですが、特に痛みが発露するわけではありません。また、自然に症状がなくなってしまうので、自覚のないまま他者にうつしてしまう。しかし症状がなくなっても、病気は静かに進行していきます」(小堀さん以下同)

性風俗店などを介すことで梅毒が広まる背景には、このような無自覚によるところが大きいのだとか。

また、まれに温泉やサウナでも感染するという話を聞くが、「ありえない」と小堀さんは否定する。

「可能性があるとすれば、肛門周囲に病変を持つ人が座ったバスチェアやマットに、すぐさま他者が座って自身の肛門の粘膜が接触する……こういったケースは奇跡的な確率ですから、心配する必要はありません」

梅毒が発症した場合、しこりから発疹といった症状の段階であれば、泌尿器科や皮膚科で治療することができる。ペニシリンを打つだけで寛解するのだ。

“ピンポン感染”を防いで

「たしかに梅毒は急増していますが、性感染症が増えているというわけではありません。そのほかの淋病、性器クラミジア感染症などは減少傾向にあります」

その意外な理由とは、

「単純にセックスをする人が減っているからです。人口のボリュームゾーンの高齢化が進むとともに、セックスをする人も減少しているのです」

だからといって対策に対して無知であることはいただけない。

「性感染症は自覚症状に乏しいものが多い。そのため知らない間にパートナーにうつしてしまうことも。一方が治しても、またパートナーからうつされる……卓球のラリーに倣って“ピンポン感染”と呼ばれるケースに発展することも珍しくありません。お互いにケアしていく必要がある」

そして、こういった心がけは性感染症に限った話ではないと強調する。

「子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)が原因で発症するのですが、HPVは性交渉によって男性からうつされます。欧米の国では男性にもHPVワクチンの接種を推奨しています。しかし日本では、厚労省が認可していないため男性が打つことはない」

また、HPVの中には性感染症を引き起こすタイプもある。性器や肛門周辺にイボができる尖圭コンジローマがそれだ。

「性行為によって発症する感染症を未然に防ぐには、男女ともに正しい知識と理解を持つことです。当たり前のことですが、いちばん大事なパートナーを守るため予防や早期診断を怠らないようにしてください」



2019/7/6 16:00
東洋経済より

2019.07.09

7/27(土)診療時間変更のお知らせ

7/27(土)の午後の診療時間は16:00までとなります。
ご迷惑をお掛けしますがご理解頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。

2019.07.08

コラム 梅毒は治る病気!そのためには早期診断・早期治療がポイント!

いつも予防会 新宿クリニックをご利用いただき誠に有難う御座います。

先月ご案内しました予防会 渋谷クリニック院長、前出医師監修のコラム第二弾が予防会ホームページに掲載されました。

前回掲載したコラム「日本で感染者急増中の梅毒って、なに?!」の続きとなり、検査や治療について分かりやすく書かれておりますので、是非ご覧下さい。

今後も定期的に掲載して参ります、ご期待下さい。

人気のコラム

2019.06.14

性病に毎日100万人が感染 「感染率下がっていない」 WHO

世界保健機関(WHO)は6日、世界で毎日約100万人が新たに性感染症(STIs)に感染していると発表した。性器クラミジア感染症、淋病、トリコモナス症、梅毒の4種類の感染件数は年間3億7600万を超えるという。

WHOは、STIsのまん延阻止において進展がみられないと強調したうえで、この統計は「警鐘」だと述べた。

専門家は、特に薬剤耐性を持ったSTIsについて懸念している。
世界の25人に1人は感染

WHOは、過去に発表された研究結果や、世界中の国々に駐在するWHO職員から報告書を収集。上記の一般的な4種類のSTIsが世界に及ぼす影響を定期的に評価している。

2012年に発表された前回の分析結果と比較すると、新たな感染率と、既存の感染率において「実質的な減少はみられない」という。

また、世界の25人に1人が上記4種類のSTIsのうちの1つに感染しており、中には、同時に複数に感染している人もいるという。

この統計では、2016年に15〜49歳を対象に調査した。主な結果は以下の通り。

1億5600万人が新たにトリコモナス症に感染
1億2700万人が新たに性器クラミジア感染症に感染
8700万人が新たに淋病に感染
630万人が新たに梅毒に感染

トリコモナス症は、性行為によってトリコモナス原虫に感染して発症する。性器クラミジア感染症はクラミジア・トラコマティスという細菌に、梅毒は梅毒トレポネーマという細菌に、淋病は淋菌という細菌にそれぞれ感染して発症する。
感染の阻止で進展みられず

感染すると、膿がおりものとして出るほか、排尿痛や月経以外の出血などの症状が現れる。しかし、多くの場合で自覚症状はほとんどない。

性器クラミジア感染症や淋病では、骨盤内炎症性疾患(PID)や不妊症など、女性に深刻な合併症を引き起こす場合がある。一方、梅毒は心疾患や神経障害につながる可能性がある。

妊娠中の女性が感染した場合、死産や早産、低体重児出産のほか、肺炎や失明、先天性奇形などの乳児の健康障害につながりかねない。

WHOのピーター・サラマ博士は、「世界的なSTIsのまん延阻止において進展がみられない」と述べた。

「これは、すべての人が、どこにいても、これらの感染症の予防や治療にとって必要なサービスを受けられるようにするための、一致協力を促す警鐘だ」

具体的には、コンドームを使用した安全な性行為や、より手軽に感染症検査が受けられるような環境づくりが必要だとしている。
「危機拡大の前触れ」

細菌が原因のSTIsは、一般的に広く使用されている薬で治すことができる。しかし、梅毒の治療に必要な特定のペニシリンは不足しているほか、淋病では薬剤耐性化が進むなど、治療が難しいものもある。

医学研究支援などを目的とするイギリスの財団「ウェルカム・トラスト」で薬剤耐性感染症に関するプログラムを率いるティム・ジンクス博士は、「治療不可能な淋病は、危機拡大の前触れだ。一般的な感染症の治療がどんどん困難になってきている」と指摘する。

「我々は早急に、これらの感染症の拡大を抑え、新しい抗生物質と治療法に投資し、もはや効果のない既存の治療と置き換える必要がある」

(英語記事 One million new STIs every day, says WHO )

2019年6月7日 BBC NEWSJAPANより

2019.06.07

コラム 日本で感染者急増中の梅毒って、なに?!

予防会 渋谷クリニック院長、前出医師監修のコラムが予防会ホームページに掲載されました。

性感染症について分かりやすく書かれておりますので、是非ご覧下さい。

今後も定期的に掲載して参ります、ご期待下さい。

予防会 人気のコラム

2019.05.24

渋谷クリニック開院のお知らせ

いつも予防会クリニックをご利用頂き、誠にありがとうございます。

平成31年4月1日 10時30分 に 渋谷クリニック がOPEN致します。


住所  東京都渋谷区道玄坂2-6-15 鈴井ビル8F
   ※渋谷駅 ハチ公改札より徒歩3分、TOHOシネマズのある通りで1階が道玄坂調剤薬局のビルになります。

TEL 03-6455-1153
http://www.yoboukai-shibuya.jp


今後も受診者様に検査を受診しやすい環境作りとより一層のサービス向上に努めてまいります。予防会が運営しますクリニックを、ご愛顧賜りますよう心よりお願い申し上げます。

2019.04.01

池袋サテライトクリニック開院のお知らせ

いつも予防会クリニックをご利用頂き、誠にありがとうございます。

平成31年3月4日 10時30分 に 池袋サテライトクリニック がOPEN致します。


住所  東京都豊島区西池袋西池袋1-19-7 のとやビル5F

   ※池袋駅西口9番出口を出てすぐ、1階がマクドナルドのビルの5Fになります。 

TEL 03-5924-6510
 http://www.yoboukai-ikebukurosatellite.jp

※現在ホームページで案内図などのページがご覧いただけない状態です。
 本日13時よりホームページが閲覧出来る予定です。ご不便をお掛け致し申し訳御座いません。


今後も受診者様に検査を受診しやすい環境作りとより一層のサービス向上に努めてまいり

ます。予防会が運営しますクリニックを、ご愛顧賜りますよう心よりお願い申し上げます。

2019.03.04

池袋サテライトクリニックOPENのお知らせ

 この度、医療法人社団予防会はお客様へのサービス向上のため、池袋にクリニックを開設する事となりました。
池袋駅西口より徒歩30秒とアクセスしやすい場所に御座います。
 皆様のご来院を心よりお待ちしております。

OPEN:2019年3月4日
住所  東京都豊島区西池袋西池袋1-19-7 のとやビル5F
   ※池袋駅西口9番出口目、1階がマクドナルドのビルになります。 

TEL 03-5924-6510(3月4日より開通)
http://www.yoboukai-ikebukurosatellite.jp
※現在ホームページで案内図などのページがご覧いただけない状態です。
 ご不便をお掛け致し申し訳御座いません。
 

性感染症(STD)検査をはじめ、OC薬、ED薬、アンチエイジングなど、
「安心」「安全」「迅速」にこだわったサービスをご提供いたします。



また、2019年4月には渋谷クリニックも開設予定で御座います。

2019年4月OPEN予定
渋谷クリニック 
東京都渋谷区道玄坂2-6-15 鈴井ビル8F
TEL 03-6455-1153(4月より開通)
http://www.yoboukai-shibuya.jp

今後も、医療法人社団予防会はお客様へより一層のサービス向上に取り組んでまいります。
予防会が運営しますクリニックを、ご愛顧賜りますよう心よりお願い申し上げます。

2019.02.20
Page Up
予防会の郵送検査 −郵送検査キット オンラインサイト− 新宿サテライトクリニック 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-22-11 RSビル 7F  TEL.03-5366-5607 FAX.03-5366-5608 池袋サテライトクリニック 〒170-0014 東京都豊島区西池袋1-19-7 のとやビル5F TEL.03-5924-6510FAX.03-5924-6511 渋谷クリニック 〒150-0043東京都渋谷区道玄坂2-6-15 鈴井ビル8FTEL.03-6455-1153FAX.03-6455-11548 川崎クリニック 〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区砂子2-4-20 ニュータケウチビル 501号 TEL 044-221-1555 FAX 044-221-1556 横浜クリニック 〒231-0057 神奈川県横浜市中区曙町1-1 ル・ヴァン・ブルービル4F TEL 	045-232-9833 FAX 	045-232-9844 福岡クリニック 〒810-0002 福岡県福岡市中央区西中洲1-4プロスペリタ西中洲II 4F TEL 092-718-7633 FAX 092-718-7634
関連リンク 新宿クリニックは、エイズの感染予防と感染者への正しい 理解を広げる「日本エイズストップ基金」を支援しています。 提携クリニック&リンク 提携クリニック&リンク